胆のう摘出して退院しましたー

1月12日から胆のう摘出のために入院していましたが、術後の経過もよく14日には退院となりました。

入院初日午前11時に入院し、その日の午後2時には手術を受けました。午後2時に看護婦さんに呼ばれ手術室に。手術台に寝かされてしばらくすると麻酔の先生が来て「麻酔しますが、(手術)終わったら起こしますからね」と言われ、そのあとなにかされたのか全く分からないうちに寝てしまったようです。気が付いたらすでに病室に戻って寝ていました。よほど麻酔が効いていたのか、妻の呼びかけには気づいたのですがその後もしばらくまともに応答できず、うつらうつら状態でした。妻が「じゃあ帰るね」と言ったのもなんとなくわかったぐらいで、意識がはっきりしたのは午後11時すぎでした。意識がはっきりした後、自分の体を見てみると、4か所に手術の跡が。。。大きめのバンドエイトのようなもので傷口がおおわれていました。で、体を動かすとやはり痛みが。。。それでも我慢できないほどの痛みではなかったです。2日目のお昼までは点滴を打たれていましたが、2日目のお昼からは流動食が出され、お薬が処方され点滴は外されました。起き上がるとか、咳をしたりすると傷口が痛みましたが、それでもやはり我慢できないほどではなく、看護婦さんからは「歩いてなるべく体を動かすように」と言われ、病室内を適当に歩いたりしていました。腹部レントゲン検査もこの日にあり、自分で歩いてレントゲン室へ。3日目にはだいぶ痛みも和らいできて、午前中の先生の診察のあと予定通り退院となりました。

私の場合は事前の診察通り、胆のう自体が萎縮して通常より小さくなっていたようです。それでも直径2ミリほどの小さな胆石も3つありました。先生曰く「胆石よりも萎縮していたこの方が痛みの原因だったのでは」とおっしゃっていました。

1週間後に再度診察で病院に行くのですが、その時にバンドエイドのようなものを剥がすようで、抜糸もないみたいです。どうやら溶ける糸を使って縫っているみたいです。

手術から5日経過した今日はまだ少し痛みがありますが、だいぶ通常の動きができるようになってきました。それでも筋トレのようなことはまだできそうにないですが。。。

食事も普段の食事がとれるようなので、さずがに退院した日は「うどん」程度にしていましたが、週末はケンタッキーとか焼き肉を食べました。特に問題はなさそです。胆のうに問題があることが分かってからはおっかなびっくり食事をしていましたが、これで心置きなく食事ができそうです。

今回2泊3日という短い入院でしたが、ラッキーだったことがあって、たまたま大部屋がいっぱいで空いていなかったので個室を使わせていただきました。個室はトイレ・シャワー・テレビ・冷蔵庫完備で、だれにも気兼ねすることなくしかもタダで利用できました。非常にラッキーな入院でした。

入院費用は自費分で約15万でしたが、会社の保険組合には付加給付制度があるので、2万円を超える分は組合から還付されます。助かる制度です。この制度を知る前から民間生保の「医療保険」には入っているのですが、入院給付は入院5日目から。手術給付金はもらえますが、高額医療給付制度もあることから、医療保険てほんとうに必要なものかちょっと考えるところです。

とにかく無事手術も終わり、これで本当に日常生活に戻れそうです。

しばらくブログもご無沙汰していましたが、年もあけてまたいろいろ再開していきたいと思います。

今年は以下のことにじっくり取り組んでいきたいと思います。
1.部門異動で新しい仕事が始まる。
2.筋トレ(ワークアウト)・ウォーキングの再開。
3.CFPの取得。
4.ヨガ・瞑想。
5.英語の勉強再開。
6.副業開始への準備。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

カラオケ喫茶みよみよ
2012年02月04日 11:41
私も胆嚢摘出手術をして入院中ですがまったく同じ状況です適切な文章に感動しました。

この記事へのトラックバック

  • オークリー サングラス

    Excerpt: 胆のう摘出して退院しましたー 日々の小さな変化(幸せな習慣)/ウェブリブログ Weblog: オークリー サングラス racked: 2013-07-06 03:30
  • エアマックス 95

    Excerpt: 胆のう摘出して退院しましたー 日々の小さな変化(幸せな習慣)/ウェブリブログ Weblog: エアマックス 95 racked: 2013-07-09 21:17