母の退院と高額療養費

会社の帰りに母が入院している病院によってきましたが、術後の経過も良いようで、週末の日曜日に退院できることになりました。母の顔色もだいぶ良く、一安心です。

私の入院は3日でしたが、母は約2週間。手術もしているし、きっと入院費は私より高額になることが予想できます。医療費は同一月内で世帯合算対象となると思うので、高額療養費の適用対象になると思います。高額療養費は、いったん病院で支払った自己負担分を、申請により後で自己負担限度額を超えた分の還付を受けられるというもの。おそらく今回母にかかる保険対象の医療費相当分は実質全額還付されると思います。私の分ですでに自己負担限度額を超えているので。また母は自身でも民間医療保険をかけているので、そちらからも給付があるはずなので、病気で入院したのに収支は「プラス」という結果になりそう。。。

そう考えると日本の医療制度はかなり手厚いのではないでしょうか。高齢化もあり医療費が膨れ上がるも納得です。

高額療養費限度額適用認定証を事前に健康保険組合から受け取っていれば、病院に支払う時点で自己負担限度額を超えた分は支払わなくて済むのですが、こちらは私自身も入院していたりとバタバタしていたので認定証の申請はできず。。。とりあえず、自己負担分全額を病院で払うことになりそうです。還付を受けられるのは4か月後ぐらいらしいので、立替のような感じといっても、ちょっと痛い。。。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック