FP 保険の見直し 外貨建て保険

「米ドル建て養老保険ってどう」みたいな相談をうけたことがあります。保険料を米ドルで支払っていき、死亡保険金や満期保険金も米ドルで支払われます。円建ての養老保険より利率がいいし将来円安になれば戻ってくるお金が多くなるから興味があるとのこと。確かに死亡時の保険金についてはもし為替が一定で変化ないのであれば利率が良い分、円建ての保険よりも少ない保険料で同額の死亡保障が得られそうです。また保険金が支払われるとき、払い込んだ保険料の平均為替レートよりも円安に振れていれば、為替差益も得られそうです。

でも為替はほんとうに将来どうなっているか読めないものです。保険はそもそも万が一のリスクを軽減するために必要な保障を準備しておこうというもの。なのにその不確定な為替によって保障額に変動が生じるのはリスクを軽減するという趣旨からは少しずれていると思います。

保険は契約時に約束した内容が将来にわたって保障されますが、逆にいえば融通がきかないといえます。
なので保障だけでなく資産運用もかねてそのような保険を組んだとしても、資産運用の観点からある時期それを解約したいと思っても、それは意図しなくても同時に保障の部分まで見直しをしなくてはならないことになります。

私はあまり不確定な要素を保障に組み入れるのは好みません。保険と資産運用は別にするほうが良いと思っています。相談をうけた知人には「外貨の運用をその保険と同じようにしたければ米ドル建ゼロクーポン債という米国債で運用して、保険の部分は円建ての定期や終身で必要な保障を確保するというのがいいのでは」と話しました。

考え方の問題なのでドル建て保険がいい悪いということではないですが、みなさんはどう思います?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック